【どもり(吃音)@情報館】 - 克服・治療・子供編

どもりについて

どもりに見られる傾向

どもりには一体どういった傾向があるのかも解説していきたいと思います。

まず明らかになっていることから解説しますと、どもりを持つ人と持たない人とでは違いがあることがわかっているのです。 それはどういったものかといいますと、いわゆる「神経系統のはたらき」というものです。 これに違いが見られるということがわかっているために、常にどもりにおける検査結果というものが原因の追究になっているのです。

そして先ほども解説しましたが、もう一つだけ明らかになっていることは呼吸法といってもいいでしょう。 これについては、3〜4才頃まではみな腹式呼吸となっていることはお分かりのことだと思います。 しかしながら成長していくにつれて、女性は徐々に胸式呼吸に移行していきます。ところが、男性は腹式呼吸のままなのです。 ここに問題があるのではないかとも考えられており、発声するためのメカニズムとも関連性があるのだと思われます。つまり、どもりを抱えるのは男性が多い傾向にあるのは、これらからいえることなのでしょう。

もしくはストレスなどによって、肩呼吸になるといった点も傾向としては強いようで、その原因は呼吸が浅くなるためだとされています。 どもりにおける傾向というものを掴むために、日々研究というものは重ねられており、血液検査で差異があるということもわかっているようです。 大きく傾向を解説するとしたら、以上に挙げたものがどもりに見られる傾向といってもいいでしょう。

またどもりが始まる傾向として、発吃(はつきつ)というものがあります。これをしっかりと理解しておくといいかもしれません。 人によって症状は異なるかと思いますが、根本的なものはほぼ同一だと考えられます。

[推奨サイト]企業内診療所の薬剤師求人情報特集!稀少な求人をGETしよう!


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 どもり(吃音)@情報館 -克服・治療・子供編 All Rights Reserved.