【どもり(吃音)@情報館】 - 克服・治療・子供編

どもりについて

どもりとは?

どもりについてお悩みの方は日本には沢山いることがわかっています。

そこで、どもりの中でもまずは二次性吃音から解説していきたいと思いますので、是非参考にしてください。

実は自分はどもりとは無縁だと思っていても、データから見ると決してそんなことはないのです。 人口の多くが軽い吃音をもっているということがわかっており、全人口の100人のうち1人は軽い吃音があることがわかっています。 吃音(どもり)というものは、このように名前こそしかっりと出ているわけですが、その真相が100%明らかにはなっていないのです。

しかしながら、ひとつだけ確かなことは、「心理的な要因がある」ということです。 少々不明確な現実があるからこそ、どもりに悩んでいる方は言葉の非流暢性を意識するようになって、深く落ち込んでしまいます。 つまりこれによってストレスが大きく溜まってしまう結果となり、悪循環というものがより一層自身を苦しめてしまうのです。

改善するために努力をしているにも関わらずに、常に心理的な負荷がかかってしまうために、状況が悪化してしまうのです。

この状態を『二次性吃音』と呼び、どもりに悩んでいる人の多くが、この二次性どもりになっていると考えられます。

では逆に『一次性吃音』とはどういったものなのかといいますと、それは意識してない状態のことを指しています。 つまりこれが子供のどもりと呼ばれるもので、大体生後2から3歳が対象となっているようです。

何の改善も行われませんと、大人になるにつれてどんどん悪化していくことが予想されます。 色々と自身で調べて改善や克服に努めても、それがストレスになるケースが多く、深刻な問題ともいえるのです。

[リンク]貿易事務に転職したい方はこのサイトから

    

▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 どもり(吃音)@情報館 -克服・治療・子供編 All Rights Reserved.